脳活バランサーCogEvo は、

認知機能を「見当識」「注意力」「記憶力」「計画力」「空間認識力」の5側面に分類。


これらの機能を実績ある12種類のタスクを行うことにより、
個々の認知機能の特性を把握できます。


結果を記録する事で、時系列に沿った推移を確認する事ができます。

また、楽しく取り組めるので継続できることも大きなポイントです。
認知機能のチェックとトレーニングを両立し、日々の結果を記録することで、脳の変化の予兆を掴み、認知機能の見える化を実現します。

クラウドで見える新たな見える化

認知機能の変化の推移を
データで確認できる

規模を問わず、病院・施設内で
測定したデータを共有化できる

低コストでスタートでき
アカウント登録後、利用可能

利用者人数の制限がなく
常に最新バージョンが利用可能

主な機能と特徴

厳選された12のタスク

専門家によって考案された実績のある12種類のタスクで、楽しみながら継続的に認知機能の見える化とトレーニングができます。

クラウドでのメリット

クラウドサービスのため利用者人数の制限がなく、データ管理もしやすくプログラムされています。各施設では、少人数から多人数までのトレーニング環境を実現します。
また、低コストでスタートでき、アカウント登録完了後、利用可能。稼動までのスケジュールが短く、常に最新の状態でご利用いただけます。

記録と分析

最新と過去のデータを5角形のレーダーチャートやグラフで表示。経時変化を見ることで、その人の認知機能の推移が一目でわかります。
記録されたデータは印刷が可能です。

5種のバランスチェック

基本の5種類のタスクを使って、認知機能のバランスをチェックします。継続的に測り認知機能の推移を確認します。
※脳活バランサーCogEvo®︎ は認知機能のチェックとトレーニングを行うツールです

※脳活バランサーCogEvo®︎は医療機器ではありません